商品一覧

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

さしすせそ本舗について

メルマガ登録

*は必須項目です。

美容室BFC姫

このページはあくまでも、商品の効能をではなく波動から導かれる見解です。

当社の研究資料です。
測定結果の分析
らかん黒酢(ギャバGABA入り)

アクアタック研究室
代表 片岡 章

  • らかん黒酢(ギャバGABA入り) には、“物質としての栄養成分を補給する”という物理的側面と、“波動によって作用する”というエネルギー的側面とがあります。 当報告書は、そのうちの後者に関するものです。 また、いわゆる効能ではなく、波動値から導かれる見解を記したものです。
  • この報告書の分析は、つぎの2つの観点から行なわれています。
    1. 作用する波動帯域(全体の波動レベルから見た特徴)物品の波動レベルが異なれば、作用する帯域も異なります。この分析では、らかん黒酢(ギャバGABA入り) が、そのうちのどの帯域に作用するのかを示します。
      • 人間は、つぎの4つの波動帯域から構成されており、その本来のレベル(波動値)は、①→②→③→④の順に低くなっていくと想定されます。そして ①は②を、②は③を、③は④をコントロールする、という関係にあります。
        1. メンタル体(精神) … 思考・知性・客観的認識(人間的)
        2. アストラル体(感情) … 喜怒哀楽・有利/不利・主観的認識(動物的)
        3. エーテル体(生命) … 成長・活動・生殖のエネルギー(植物的)
        4. 肉体 … 物質(鉱物的)
      • 一般には、波動値が高いほど、「波動的な活性度が高い」「物質性から精神性に向かう」「より根本的に深く作用する」と考えられます。しかし、必ずしも“波動の高いものほど好都合である”とはいえません。それは、つぎの2つの理由によります。
        1. 波動レベルの違いは、上記のどの波動帯域に作用するかの違いである。
        2. 波動が高すぎると、人によっては、“作用が強すぎる”“適合しにくい”と感じることがある(主にパワーグッズ)。
    2. 働きの大きい分野(項目別に見た特徴)
      <大きな働きがあるのは、どのような分野なのか>を示します。“消化器系によい”“リラックス効果がある”などの、いわば<得意分野>です。
      そして、「(1) 作用する波動帯域=縦方向に見た特徴」と「(2) 働きの大きい分野=横方向に見た特徴」との重なる領域 —— “どの波動帯域で、どの分野に働くのか”—— が、その製品・物品の特徴となります。

まず、結論として、らかん黒酢(ギャバGABA入り) の波動的な機能・役割は、つぎのように要約することができます。

≪作用する波動帯域(縦方向に見た特徴)≫
  • 個人的な執着を超えて思考・活動するエネルギーをもたらす
  • 2次的、3次的に、感情、身体のエネルギーも調整する
≪働きの大きい分野(横方向に見た特徴)≫
上記の精神的なレベル(深さ)における働きとして
  • [認知症(痴呆)][抗酸化作用][直腸][脳全体]などの波動を高めたり改善したりする
  • 認知症など脳疾患の防止・改善に働く
  • 抗酸化作用により、認知症・アトピー性皮膚炎などの改善を助ける
  • 腸の働きを高める
  • 血液の質を高める
  • 気管支喘息の改善を助ける
  • 副交感神経優位に導き、不眠症などの改善を助ける
≪作用する波動帯域≫
波動値は S +8 ~ S +20 の範囲に分布し、その平均値は S +15.2 となっております。この点から、以下のように推測することができます。
<波動レベルからみた、らかん黒酢(ギャバGABA入り)の働き>
人の波動測定において、感情・精神の波動値が S +10 を越える場合、その人たちには、“自分個人の損得や悩みにわれず、周囲のためにエネルギーを注ぐ”という傾向が見られます。
人の波動測定において、感情・精神の波動値が S +10 を越える場合、その人たちには、“自分個人の損得や悩みにわれず、周囲のためにエネルギーを注ぐ”という傾向が見られます。
したがって、らかん黒酢(ギャバGABA入り)は、
  • 人のこの波動帯域に作用し、個人的な執着を超えて思考・活動するエネルギーをもたらす
  • ひいては、2次的な作用として、感情エネルギーの不調和を調整する
  • さらに、3次的な作用として、身体(生命)エネルギーの不調和を調整する
と考えられます。
後述する ≪働きの大きい分野≫も、このレベルでの働きを前提としております。[2]
<マイナスに作用すると考えられる点・効果なしと考えられる点>
A.波動が低すぎることによるもの
ありません。いずれの項目も、十分に高いレベルを示しております。
人の身体波動を測定した場合、+20以上であれば、健康とみなせます。したがって、 物品の波動値が +100よりも高かったならば、人の健康(身体)に寄与しうるレベルであると考えられます。
ただし、感情・精神への作用に関しては、+100万 以上のレベルが求められます。
B.波動が高すぎることによるもの
物品、製品にもよりますが、一般に、この波動レベルのものは、働き方が深い反面、そのエネルギーを享受できる人が限られたり、波動に敏感な人にとっては作用が強すぎたり[3]する可能性もあります。
C.項目間の波動レベルの格差が大きすぎることによるもの
ありません。

≪働きの大きい分野≫

当セクションでは、前述の波動帯域で作用することを前提に、とくに働きの大きい分野はなにか、という点をみていきます。高い数値となった項目を上から順に列挙すると、つぎのようになります。[4]

[認知症(痴呆)][抗酸化作用][直腸][脳全体][空腸][アトピー性皮膚炎][子宮][狭心症][肝臓][甲状腺・副甲状腺][悪性腫瘍(癌)][喘息発作][皮膚][ミネラルバランス][不眠症][消極性・否定的][副交感神経][高血圧][血液][気管(支)][腸内細菌叢][ひだ・しわ][炎症性リウマチ][骨][ホルモンバランス][腎臓][脾臓][膵臓]…
これらの波動を高めたり改善したりする作用が らかん黒酢(ギャバGABA入り)の特徴であると考えられます。

そのなかでも、[認知症(痴呆)]~[脳全体]の4項目は、それ以降の項目を引き離して高い数値を示しておりますので、 より確かな特徴であるといってよいでしょう。

ちなみに、4項目中の3項目[認知症(痴呆)][抗酸化作用][脳全体]は、ギャバの機能に関連のあるものです。波動面にも、 当らかん黒酢の特徴は端的に表われております。
さらに、上記の項目相互の関連をみることにより、以下の特徴も浮かび上がってきます。
(特性・傾向は、働きが大きいと思われるものから順に記しました。また、各見出しの下には、その根拠となった項目、事項を示しました)

  1. 認知症など脳疾患の防止・改善に働く[認知症(痴呆)][抗酸化作用][脳全体][不眠症]
    認知症についても活性酸素の関与がいわれていますが、認知症と活性酸素に関係のある[認知症(痴呆)][抗酸化作用][脳全体]が、いずれも最上位にあります。認知症の改善には、大いに期待が持てます。
    また、おなじく脳の症状である不眠症にも、よい働きがあるものと思われます。
  2. 抗酸化作用により、認知症・アトピー性皮膚炎などの改善を助ける[認知症(痴呆)][抗酸化作用][アトピー性皮膚炎][悪政腫瘍(癌)][ひだ・しわ][炎症性リウマチ]
  3. 腸の働きを高める[直腸][空腸][腸内細菌叢]
  4. 血液の質を高める[肝臓][血液]〔3.腸の働きを高める〕肝臓は、解毒、鉄やビタミンB12の貯蔵、古くなった赤血球の破壊を行っています。腸は、栄養分を吸収し不要なものを排泄することにより、血液のあり方を左右しています。らかん黒酢(ギャバGABA入り)は、これらの器官にエネルギーを与えて機能を向上させ、血液の質を高めます。
  5. 気管支喘息の改善を助ける[喘息発作][気管(支)]
  6. 副交感神経優位に導き、不眠症などの改善を助ける[不眠症][副交感神経][高血圧][副交感神経]波動が、[交感神経系]波動よりも高く働いております。それにより、副交感神経優位のリラックスした状態がもたらされますので、緊張からくる不眠症や高血圧に対してよい影響があると思われます.
  • [2] [肝臓][アトピー性皮膚炎]などの身体波動を表す項目についても、それぞれに対応する感情・精神レベルの波動があって、波動の高い物品・製品はそこに作用する、と考えられます。
  • [3] 主に、常時身に付けるパワーグッズなどの場合
  • [4] たとえば、[ストレス]は[ストレス(を解消する力)]を、[炎症]は[炎症(を解消する力)]を意味しています。つまり、プラス値であれば、“それを解消する力がある”ことになります。このように、いずれの項目も、プラス値は、「望ましい波動がどれくらいあるか」を示しています。
このページのTOPへ

Copyright(C)2006-2009 [さ・し・す・せ・そ・本舗] All rights reserved.