商品一覧

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

さしすせそ本舗について

メルマガ登録

*は必須項目です。

美容室BFC姫

5感で楽しむ薬膳料理ページ内メニュー

薬膳の基礎知識

薬膳とは

中医学理論に基づいて作られた食事で疾病の予防、病気の回復、健康維持、老化防止、体質改善の為の美味しい食事です。

薬膳の歴史

薬膳の歴史は、「周時代」までさかのぼります。当時の職制などを書き残した「周礼」には、医師を「食医(栄養医)」「疾医(内科)」「瘍医(外科)」「獣医」の4つに分けて記載しています。

「食医は王の六食、六飲、六膳を管理する」という事が記載されており、皇帝の飲食を調理する「食医(栄養医)」が、特に重要視されていました。

「食医(栄養医)」は、飲食衛生の管理にあたるという役目を担う為、料理人として優秀な人物であることと、食べ物の味をほどよく調理しながら、巧みに薬剤を料理に取り入れることで、皇帝の身体を調整・補強し、病気を治す医療技術を見つけた者となっています。

千代田美知子先生 プロフィール

国際中医師。国際薬膳師。栄養士。日本国際薬膳師会会員。カラーセラピスト。カラーコーディネーター。NPO法人薬膳&カラーラボラトリー。医療法人千代田レディースクリニック理事。国際ソロプチミスト大分みどり会員。NHK大分「薬膳を作ろう」専任講師。西日本天神文化サークル「薬膳クッキング」専任講師。

各地区薬膳講習会及び薬膳料理教室開催。中学校教師とPTAとのコラボレーション薬膳クッキング。
高校家庭科専任講師の為の薬膳講習会及び薬膳教室実施。薬膳とカラーとのコラボレーション講演会等実施。
企業顧客サービスの為の薬膳料理指導。雑誌の原稿依頼分執筆等。
2006年「中国薬膳美食文化祭」での薬膳コンテストで金賞に匹敵する「金牌菜」を受賞。

▲ページ先頭へ戻る

2010年薬膳講習会 季節に起こり易い病気別の対処法について

2010年薬膳講習会
「季節に起こり易い病気別の対処法について・・・季節に起こり易い未病対策」

「季節に起こり易い病気別の対処法について・・・季節に起こり易い未病対策」と題して、4月から5回シリーズ(春・梅雨・夏・秋・冬の季節毎)で、その季節に起こり易い病気を防ぐための講習会を、国際中医師・国際薬膳名師の千代田美知子先生を講師にお招きして開催します。未病対策にすぐ役立つ、ためになる楽しい講習会です。是非ご参加下さい。

「季節に起こり易い病気別の対処法について・・・季節に起こり易い未病対策」の画像

第1回 春に起こり易い未病対策4月20日(火)
  • 春に起こり易い未病対策01
  • 春に起こり易い未病対策02
  • 春に起こり易い未病対策03
  • 春に起こり易い未病対策04
回数 養生法 日程 内容
第1回 4月20日(火) 精神不安・うつ
人間関係や季節の変化も人によってはストレスになります。ストレスを受けた時、身体はどのような反応をするかを知り、ストレスへの対処法を学びましょう。
第2回 梅雨 6月15日(火) 冷え対策
冷えは万病のもと。下半身を暖めて体の色々な不調を改善する知恵を学びましょう。
第3回 8月17日(火) 胃腸病・食欲不振
胃腸の働きを活性化させて、食欲を取り戻す知恵を学びましょう。
第4回 10月19日(火) 高血圧
自覚症状がない事もあるので要注意。食生活の見直しの知恵を学びましょう。
第5回 11月16日(火) 風邪対策
抵抗力を付け、しっかり休養します。風邪のひき始めに効果的な食材、風邪の症状別の改善方策を学びましょう。

※上記日程(講習内容は予定です)をすべて参加の方には、修了証書を授与します。終了式はパーティー形式で楽しい会を企画しています。
※各シリーズ毎に未病を治す、手軽に出来る薬酒または、薬茶をご紹介いたします。

時間 午前10時から12時
場所 大分市金池南1-8-32美容室B・F・C姫 3階 華冠ホール
会費 9,000円(全5回分、申込時に納入となります。)※終了パーティーの会費は実費です。
お問い合わせ TEL 097-543-9000
FAX 097-544-5259
Mail bhs@e-bhs.com

▲ページ先頭へ戻る

過去に開催された講習会のまとめ

昨年の「知って得する季節の五感で楽しむ薬膳講習会」の画像

第1回 春 養花天の頃の五感で楽しむ薬膳4月21日(火)
  • 養花天の頃の五感で楽しむ薬膳01
  • 養花天の頃の五感で楽しむ薬膳02
  • 養花天の頃の五感で楽しむ薬膳03
第2回 梅雨 筍流しの頃の五感で楽しむ薬膳6月16日(火)
  • 筍流しの頃の五感で楽しむ薬膳01
  • 筍流しの頃の五感で楽しむ薬膳02
第4回 秋 桐一葉の頃の五感で楽しむ薬膳10月20日(火)
  • 桐一葉の頃の五感で楽しむ薬膳01
  • 桐一葉の頃の五感で楽しむ薬膳02
第5回 冬 牡丹焚く頃の五感で楽しむ薬膳11月17日(火)
  • 牡丹焚く頃の五感で楽しむ薬膳01
  • 牡丹焚く頃の五感で楽しむ薬膳02
  • 牡丹焚く頃の五感で楽しむ薬膳03

昨年の「知って得する季節の五感で楽しむ薬膳講習会」の講習内容例

養花天の頃の五感で楽しむ薬膳 ◎野菫と新若布・竹の子の花寿し
◎山ザシ粉末入り、鶏レバーパテ全粒粉クラコット乗せ
・蒲公英サラダ
◎鬱根入りうい香と春キャベツの
ビスケット
◎春フルーツのアミノ酸大豆くろ酢薬膳漬け
梅雨 筍流しの頃の五感で楽しむ薬膳 ◎梅雨野菜薬膳甘酢ジュレ和え
◎豚肉の冷製しゃぶしゃぶ薄荷寒天
◎豆腐とパイン・アミノ酸大豆くろ酢のチーズケーキ ◎薄荷・苦瓜
羅漢果茶
桃花湯の頃の五感で楽しむ薬膳 ◎苦瓜とトマトの茶そばサラダ(アミノ酸大豆くろ酢使用)
◎山薬とオクラの摺り流しカップ
◎ハト麦と抹茶のバナナ袱紗 ◎アミノ酸大豆くろ酢パイナップルとキューウイのサワードリンク
桐一葉の頃の五感で楽しむ薬膳 ◎銀耳・梨・トマトの落花生アミノ酸大豆くろ酢和え
◎ハーブ焼き鰯の秋野菜アミノ酸大豆くろ酢マリネ
◎プルプル潤肺杏仁豆腐 ◎梨花茶
牡丹焚く頃の五感で楽しむ薬膳 ◎紅茶入り蕪のとろとろスープ
◎栗南瓜饅頭・黒木耳のあん
◎肉柱入りアップルパイ ◎羅漢果・生姜・紅茶

▲ページ先頭へ戻る

知って得する季節の五感で楽しむ薬膳レシピ集

  1. 2010年5月31日肉桂茶

    肉桂茶5人分印刷
    材料
    桂皮(生薬としてのシナモン)
    30g
    大豆の活カッ酢
    大さじ1
    自然水
    5カップ
    大棗(たいそう:干しなつめ)
    4個
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ1杯
    調理方法
    1. 桂皮(生薬としてのシナモン)は洗って、3cmに折る。
    2. 土鍋に材料をすべて入れ、中火で沸騰させ弱火にして20分煮出し、羅漢果顆粒、大豆の活カッ酢を加え熱々と飲む。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    桂皮(生薬としてのシナモン)
    • 膀胱
    • 発汗作用
    • 疏風散寒
    大棗(たいそう:干しなつめ)
    • 神中益気
    • 養血安神
  2. 2010年5月24日枸杞子(くこし:クコの実) 胡桃(くるみ)入り黒胡麻汁粉

    枸杞子(くこし:クコの実) 胡桃(くるみ)入り黒胡麻汁粉5人分印刷
    材料
    枸杞子(くこし:クコの実)
    小さじ1
    胡桃(くるみ)
    大さじ1
    黒ねり胡麻
    大さじ3
    自然水
    2カップ
    蜂蜜
    大さじ1~2
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ1杯
    白玉団子
    4個
    A.水溶き片栗粉
    片栗粉
    大さじ1
    自然水
    大さじ2
    調理方法
    1. 枸杞子(くこし:クコの実)は、ヒタヒタの自然水でもどしておく。
    2. 胡桃(くるみ)は大きめのザク切りにし、フライパンでカラ炒りする。
    3. 鍋に黒ねり胡麻を入れ、自然水と蜂蜜、枸杞子(くこし:クコの実)の浸け汁を加え、煮溶かし、A.水溶き片栗粉でとろみをつける。
    4. 器に白玉団子を入れ、3.を注ぎ、枸杞子(くこし:クコの実)と胡桃(くるみ)を飾る。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    枸杞子(くこし:クコの実)
    • 滋補肝腎
    • 明目
    胡桃(くるみ)
    • 大腸
    • 補腎温陽
    • 定喘歛肺
    黒胡麻
    • 補肝腎
    • 潤王臓/li>
  3. 2010年5月17日陳皮入り里芋団子揚げ煮~アミノ酸大豆くろ酢ソース添え~

    陳皮入り里芋団子揚げ煮~アミノ酸大豆くろ酢ソース添え~5人分印刷
    材料
    陳皮(ちんぴ:ミカン果皮の乾物)
    3g
    里芋
    400g
    有精卵
    1個
    鶏ひき肉
    60g
    玉ねぎ
    1/2個
    白いり胡麻
    50g
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ1杯半
    ハーブソルト
    適量
    オリーブ油
    適量
    小麦粉
    適量
    アミノ酸大豆くろ酢ソース
    アミノ酸大豆くろ酢
    1/4カップ
    みかんのしぼり汁
    大さじ2
    下ごしらえ
    • 陳皮(ちんぴ:ミカン果皮の乾物)は、ヒタヒタの自然水に浸けておく。
    調理方法
    1. 里芋は皮ごと茹でて皮をむき、つぶしておく。
    2. 1.に、とき卵を加える。
    3. 2.を半分ずつに分けておく。
    4. 玉ねぎは、みじん切りにし、オリーブ油で炒め、鶏ひき肉を加え、炒め煮する。ハーブソルトで調味する。
    5. 3.の半分に4.を加え、小判型にまとめる。
    6. 3.の半分に陳皮(ちんぴ:ミカン果皮の乾物)、羅漢果顆粒を加え、よく混ぜ込み小判型にまとめる。小麦粉と自然水を混ぜたものをのり代わりに付け、胡麻を全体にまぶす。
    7. 5.に小麦粉を全体にまぶす。
    8. フライパンに多めのオリーブ油を入れ、中火にかけ、6.と7.を両面こんがりと焼く。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    鶏肉
    • 温中益気
  4. 2010年5月10日肉桂入り山薬(ナガイモ)と高野豆腐の煮付け

    肉桂入り山薬(ナガイモ)と高野豆腐の煮付け5人分印刷
    材料
    肉桂(シナモン)
    3g
    高野豆腐
    5個
    山薬(ナガイモ)
    5cm
    調味料A
    貝柱だし汁
    2カップ
    醤油
    大さじ1
    みりん
    大さじ1杯半
    蜂蜜
    大さじ2
    調味料B
    貝柱だし汁
    1カップ
    大さじ1
    みりん
    大さじ1
    醤油
    小さじ1
    調理方法
    1. 高野豆腐は、ぬるま湯でもどし、自然水でよく洗い、手ではさむようにして水気を絞る。1枚を3枚にそぎ切る
    2. 山薬(ナガイモ)は布巾に包んでやわらかく蒸し、1cmの輪切りにする。
    3. 調味料Aで1.の高野豆腐を煮含め、火を止め肉桂(シナモン)をふりかけ、香りを付ける。
    4. 調味料Bで2.をさっと煮る。
    5. 器に3.4.を盛り付け、肉桂(シナモン)入り煮汁を全体にかける。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    肉桂(シナモン) 血行をよくする働きに加え、鎮痛作用もありますので、肩こり・腰の痛みに有効。美容食の高野豆腐との取り合わせ
    肉桂(シナモン)
    • 大熱
    • 補火助陽
    • 散寒止痛
    山薬(ナガイモ)
    • 益気養陰
    • 益精補肺
  5. 2010年5月6日生姜粥

    生姜粥4人分印刷
    材料
    生姜
    9g
    自然米
    1/2カップ
    自然水
    5カップ
    海の母(自然塩)
    小さじ1
    大棗(たいそう:干しなつめ)
    2個
    調理方法
    1. 生姜は洗い、みじん切りにする。
    2. 自然米と大棗(たいそう:干しなつめ)はきれいに洗っておく。
    3. 鍋に自然水を入れて中火にかけ、沸騰したら1.2.を入れ、ひと混ぜして、ごく弱火にし1時間煮る。
    4. 自然塩で調味する。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    生姜
    • 微温
    • 発汗解表
    • 化痰止咳
  6. 2010年4月26日生姜と黒砂糖活カッ酢薬膳茶

    生姜と黒砂糖活カッ酢薬膳茶5人分印刷
    材料
    生姜
    60g
    調味料A
    大豆の活カッ酢
    大さじ2杯半
    黒砂糖
    大さじ2杯半
    調理方法
    1. 生姜は薄切りにする。
    2. 土鍋に1.と自然水5カップ、調味料Aを入れて火にかけ煮立ったら、アクを取り、器に入れる。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    生姜
    • 微温
    • 温中止嘔
    • 化痰止咳
    大豆の活カッ酢
    • -
    • -
    • -
    • 食欲増進
    • 消化促進
    • 疲労回復
  7. 2010年4月19日銀耳(白きくらげ)と梨のデザート

    銀耳(白きくらげ)と梨のデザート印刷
    材料
    銀耳(白きくらげ)
    5g
    1個
    蜂蜜
    大さじ1
    薄荷
    大さじ1
    薄荷
    小さじ2
    薄荷(生・飾り用)
    人数分
    下ごしらえ
    • 銀耳(白きくらげ)は、石付きを除き、前日より自然水でもどす。
    調理方法
    1. 銀耳(白きくらげ)は、食べやすい大きさに手でちぎる。
    2. 熱湯を沸かし、1.を5分位茹で、ザルに取る。
    3. 鍋に自然水5カップを入れ、沸騰させ弱火で銀耳(白きくらげ)がやわらかくなるまで煮る。
    4. 梨は皮をむき、1個を縦6等分し、5mm幅に切る。
    5. 3.に梨と蜂蜜を加え7分煮る。
    6. 薄荷を加える。
    7. 器に盛り付け、生の薄荷を飾る。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    銀耳(白きくらげ)
    • -
    • 養除潤肺
    • 益胃生律
    • 微酸
    • 止咳化痰
    • 生律潤肺
    薄荷
    • 発散風熱
  8. 2010年4月12日枸杞子(くこし:クコの実)入り鶏手羽先の煮込み

    枸杞子(くこし:クコの実)入り鶏手羽先の煮込み5人分印刷
    材料
    枸杞子(くこし:クコの実)
    10g
    鶏手羽先
    5本
    生姜
    1片
    にんにく
    1片
    オリーブ油
    適量
    オリーブ油
    大さじ2
    胡麻油
    小さじ1
    調味料A
    紹興酒
    大さじ2
    黒砂糖
    大さじ1
    醤油
    大さじ2
    黒コショウ
    少々
    アミノ酸大豆くろ酢
    大さじ2
    貝柱スープのもと
    大さじ1
    下ごしらえ
    • 枸杞子(くこし:クコの実)は、ヒタヒタの自然水に30分浸けてもどす。
    調理方法
    1. 手羽先は、塩磨きをして水洗いをし、水切りする。
      間接のところに包丁を入れ、2つに切っておく。
    2. 生姜、にんにくは叩きつぶす。
    3. フライパンにオリーブ油を適量入れ、両面強火で焦げ目をつける。
    4. 煮込み鍋に、オリーブ油大さじ2を入れ、2.を加え中火で香りが出るまで炒める。
    5. 4.に1.を加え、500ccの自然水、調味料Aを加え、最初は強火、煮立ったら火を弱めて蓋をし中火で20分煮る。
    6. 蓋を開け、強火で汁気がなくなるまで煮詰め、仕上げに、胡麻油を入れ枸杞子(くこし:クコの実)を飾る。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    枸杞子(くこし:クコの実)
    • 滋補肝腎
    • 明目
    鶏手羽先
    • 温中益気
  9. 2010年4月5日人参のコーンクリーム煮

    人参のコーンクリーム煮4人分印刷
    材料
    人参(乱切り)
    2本
    パセリ(みじん切り)
    適量
    調味料A
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    小さじ1
    顆粒ブイヨン
    小さじ1
    塩コショウ
    少々
    調味料B
    豆乳
    1カップ
    コーンクリーム スタイル
    140g
    調理方法
    1. なべに人参、ヒタヒタの自然水を入れ、調味料Aを入れて火にかけ、人参がやわらかくなるまで煮る。
    2. 調味料Bを加え味がなじむまで煮る。
    3. 器に盛り、パセリをちらす。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    人参
    • 微涼
    • 健脾化湿
    • 潤腸通便
    豆乳
    • 補虐
    • 化痰
  10. 2010年3月29日八宝薬膳食

    八宝薬膳食5人分印刷
    材料
    餅米
    3カップ
    松の実
    10g
    大棗(たいそう:干しなつめ)
    6個
    百合
    7g
    栗(勝栗または甘露煮)
    5個
    黒豆(茹でたもの)
    150g
    松の実(飾り用)
    小さじ1
    肉桂(シナモン)パウダー
    適量
    調味料A
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    100g
    自然水
    50cc
    熱湯
    50cc
    調味料B
    蜂蜜
    多さじ2
    醤油
    大さじ1杯半
    胡麻油
    大さじ2
    下ごしらえ
    • 餅米は、洗って黒豆の煮汁に一晩、浸けておく。
    • 百合は前日より自然水に浸け、当日水を替え、たっぷりの自然水でやわらかくなるまで煮る。
    • 大棗(たいそう:干しなつめ)はぬるま湯で戻しておく。水切りをする。
    調理方法
    1. 黒豆は、固ゆで、大棗(たいそう:干しなつめ)は種を取り4つに切る。
    2. 栗1つを横半分に開き、4つに切る。
    3. 蒸し器の蒸気が上がったら、ぬれ布巾を敷いて餅米を広げ入れる。
      途中、2回打ち水をしながら芯がなくなるまで強火で蒸す。(40分~50分)
    4. 蒸した餅米をボウルに取り、調味料Aを加え手早く混ぜる。
      次に調味料Bをからめる。(1時間以上おく)
    5. 4.に百合、大棗(たいそう:干しなつめ)、松の実、栗、黒豆を混ぜ合わせ、再び蒸し器にもどし、強火で20分蒸す。
    6. 蒸しあがったら、ボウルにとり、肉桂パウダーをふりかける。
    7. 器に盛り付け、松の実をカラ煎りして飾る。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    松の実
    • -
    • 益肺潤燥
    百合
    • 微寒
    • 潤肺止咳
    • 清心安神
    • 健脾養胃
    • 補腎強筋
    大棗(たいそう:干しなつめ)
    • 肝経
    • 補中益気
    • 養血安神
    黒豆
    • 利水益腎
  11. 2010年3月23日薄荷・玉ねぎの薄皮茶

    薄荷・玉ねぎの薄皮茶5人分印刷
    材料
    薄荷
    大さじ1
    玉ねぎの薄皮
    3~5個分
    自然水
    10カップ
    調理方法
    1. 薄皮は水洗いする。鍋に自然水と薄皮を入れ、強火にかけ沸騰したら中火にし、5分煮る。火を止め薄荷を入れる。
    2. 少し蒸らして濾す
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    玉ねぎ
    • 清熱化痰
    • 降圧安眠
  12. 2010年3月15日コーンプディング

    コーンプディング6個分印刷
    材料
    スイートコーン缶
    1と3/4カップ
    有精卵
    3個
    玉ねぎすりおろし
    大さじ2
    オリーブ油
    大さじ2
    牛乳
    2カップ
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ1
    海の母(自然塩)
    小さじ1/2
    調理方法
    1. スイートコーンは缶から出す。缶汁1/2カップは取りおく。
    2. 有精卵は、卵黄と卵白に分け、卵黄は、少しねっとりする位に混ぜ合わせ、卵白はしっかり角が立つまで泡立てる。
    3. 「2.」の卵黄にスイートコーンと、汁を加え、混ぜ、玉ねぎ、オリーブ油、少量の湯で溶いたら、羅漢果顆粒(らかんか顆粒)、自然塩を加えて混ぜる。
    4. 「3.」に牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせ、最後に泡立てた卵白を加え、さっくり混ぜ合わせる。
    5. オリーブ油を塗った焼き皿に「4.」を流しいれ、170度に熱したオーブンに入れ、表面がきつね色になるまで、40~50分焼く。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    玉黍(ぎょくべい:とうもろこし)
    • 補中健胃
    • 除湿利尿
    牛乳
    • 生津潤燥
    • 止湯
  13. 2010年3月8日苦瓜と豚肉のチヂミ

    苦瓜と豚肉のチヂミ16個分印刷
    材料
    豚ロース肉(薄切り)
    130g
    苦瓜
    1本
    人参
    70g
    海の母(自然塩)
    小さじ1/4
    ジャガイモ
    320g
    ごま油
    大さじ2
    調味料A
    小麦粉(地粉)
    大さじ8
    有精卵
    1個
    海の母(自然塩)
    少々
    胡麻
    少々
    オリーブ油
    大さじ1
    調味料B(つけダレ用)
    アミノ酸大豆くろ酢
    大さじ2
    醤油
    大さじ1/2
    調理方法
    1. 苦瓜は、縦半分に切り、種とワタを取り除き、薄切りにする。人参は、3cm長さの千切りにする。各々、ボールに入れ、自然塩少々を全体にまぶし、しんなりしたら、水気を切る。
    2. 豚肉は5mm幅に切る。
    3. ジャガイモは、よく洗い、ボールにすりおろす。調味料Aを混ぜ、「1.」を加えて全体をよく混ぜる。
    4. フライパンを熱し、ごま油を入れ、「3.」をスプーンで5cm大に丸く落す。焼き色がつくまで焼き、裏返して少し押し、蓋をして3分焼く。
    5. 器に盛り付け、つけダレを添える。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    苦瓜
    • 大腸
    • 清熱解毒
    豚肉
    • 甘咸
    • 滋陰
    • 益気
    ジャガイモ
    • 大腸
    • 和胃長中
    • 健脾益気
  14. 2010年3月1日のりと緑豆もやしの酸辣湯

    のりと緑豆もやしの酸辣湯5人分印刷
    材料
    豚もも肉(薄切り)
    120g
    板のり
    3枚
    緑豆もやし
    1袋
    6カップ
    人参(千切り)
    1本分
    調味料A(下味用)
    ごま油
    大さじ1/2
    片栗粉
    大さじ1/2
    海の母(自然塩)
    小さじ1/5
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    小さじ1/2
    調味料B
    海の母(自然塩)
    小さじ1/4
    胡麻
    少々
    大豆の活カッ酢
    大さじ3
    大さじ1
    貝柱ダシ(顆粒)
    大さじ1杯半
    魚のダシ
    大さじ1
    調理方法
    1. 豚肉は、細切りし、調味料A(下味)をまぶしておく。
    2. 鍋に、オリーブ油を入れ、下味を付けた豚肉「1.」をパラパラと1つずつ加え炒め、人参を加え炒め、湯を加え、調味料Bで調理し、板のりを手でちぎって加える。
    3. 緑豆もやしを入れ、一煮立ちして火を止める。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    のり
    • 清熱利尿
    緑豆
    • 清熱解毒
    • 利水
  15. 2010年2月22日蓮藕(れんこん)粥

    蓮藕(れんこん)粥5人分印刷
    材料
    蓮藕(れんこん)
    250g
    自然米
    1カップ
    自然水
    12カップ
    氷砂糖
    40g
    下ごしらえ
    • 自然米は、といで、分量の自然水に30分以上浸けておく。
    調理方法
    1. 蓮藕(れんこん)は、洗って薄切りにしておく。
    2. 分量の自然水を鍋に入れ、強火にかける。
    3. 「2.」に氷砂糖を加え、煮溶かす。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    蓮藕(れんこん)
    • 健脾開胃
    • 益血
    自然米
    • 補中和胃
  16. 2010年2月15日薄荷 苦瓜蜂蜜茶

    薄荷 苦瓜蜂蜜茶5人分印刷
    材料
    薄荷
    3g
    苦瓜(乾燥)
    15枚
    蜂蜜
    大さじ2
    熱湯
    5カップ
    ウーロン茶
    大さじ2
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    薄荷
    • 発散風熱
    苦瓜
    • 大腸
    • 清熱解毒
    • 明目
  17. 2010年02月08日小豆蒸しケーキ~オレンジソース~

    小豆蒸しケーキ~オレンジソース~8個分印刷
    材料
    小豆餡(粒餡)
    200g
    卵白
    3個分
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    40g
    梅酒
    大さじ2
    薄荷(生)
    適量
    A
    小麦粉
    60g
    上新粉
    20g
    B
    オレンジジュース(100%)
    200cc
    コーンスターチ
    大さじ1
    蜂蜜
    大さじ1
    海の母(自然塩)
    小さじ1/5
    調理方法
    1. 「A」は、2度ふるっておく。
    2. 卵白は、角が立つ位に泡立て、少量の湯で溶いたら羅漢果顆粒(らかんか顆粒)を加える。
    3. 「2.」に「1.」を入れ、粒餡と梅酒を入れ、粘りが出ない様に、切る様に混ぜ、オリーブ油をうすくひいた湯呑に入れて蒸気の立っている蒸し器で10分位蒸す。
    4. オレンジソースをつくる。「B」の材料を鍋に入れ、混ぜ、弱火にかけ、木しゃもじで混ぜながら、とろみがつくまで、ねる。
    5. 「3.」を湯呑からだし、皿にのせ、「4.」を上からかける。薄荷(生)を中心に飾る。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    小豆
    • 小腸
    • 清熱利尿
    • 解毒
    • 健脾
    小麦
    • 養心
    • 益腎
    • 除熱
  18. 2010年02月01日鶏手羽元のアミノ酸大豆くろ酢煮

    鶏手羽元のアミノ酸大豆くろ酢煮6人分印刷
    材料
    鶏手羽元
    6本
    茹で卵
    3個
    ミニトマト
    6個
    生姜
    10g
    にんにく
    1片
    調味料
    アミノ酸大豆くろ酢
    1/2カップ
    醤油
    1/5カップ
    50cc
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ3
    ニラ(千切り)
    大さじ5
    調理方法
    1. 手羽元は、塩磨きして少しおき、流水で洗い、水気を拭き取っておく。
    2. 生姜は、皮付きのまま、薄切りにする。
    3. 鍋に調味料の羅漢果顆粒(らかんか顆粒)を除いたものと、「2.」を入れ煮立たせる。
    4. 煮立ったら、「1.」と羅漢果顆粒(らかんか顆粒)、殻をむいた卵を加え、蓋をして中火で20分煮る。
    5. 「4.」を器に盛り、ニラの千切りを天盛りし、トマトを飾りつける。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    鶏手羽元
    • 温中益気
    トマト
    • 微寒
    • 生津止渇
    • 健脾開胃
  19. 2010年01月25日緑豆もやしと人参、ピーマンの胡麻酢浸し

    緑豆もやしと人参、ピーマンの胡麻酢浸し5人分印刷
    材料
    緑豆もやし
    1袋
    人参
    1/2本
    ピーマン
    3個
    キュウリ
    1本
    鶏ささ身
    2本
    オリーブ油
    大さじ1杯半
    生姜すりおろし
    大さじ1
    下味
    小さじ1
    醤油
    小さじ1/2
    調味料
    白すり胡麻
    大さじ2
    醤油
    大さじ2
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ1
    みりん
    大さじ1
    大さじ1
    アミノ酸大豆くろ酢
    大さじ3
    自然水
    大さじ2
    調理方法
    1. 調味料(白すり胡麻、羅漢果顆粒(らかんか顆粒)を除いたもの)を鍋に入れ火にかけ、ひと煮立ちさせ、白すり胡麻、羅漢果顆粒(らかんか顆粒)を加え、冷めたら、生姜すりおろしを加える。
    2. 緑豆もやしは、洗い、ザルに取り、水気を切っておく。
    3. ピーマンは縦半分に切り、千切りにする。
    4. 人参、キュウリは、3cm長さの千切りにする。
    5. 鶏ささ身は、下味を付け、ラップをして、火を通し、細かく切る。
    6. フライパンに、オリーブ油を熱し、人参、ピーマン、もやしの順に入れ炒め、キュウリを加え炒め、もやしに火が通ったら火を止め、「1.」の調味料のボールに入れ混ぜる。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    緑豆
    • 清熱解毒
    • 利水
    • 消暑止渇
    ピーマン
    -
    • 理気
    • 行滞
    キュウリ
    • 小腸
    • 清熱利水
  20. 2010年1月18日玉黍(ぎょくべい:とうもろこし)とよく苡仁(よくいにん:はと麦)の粥

    玉黍(ぎょくべい:とうもろこし)とよく苡仁(よくいにん:はと麦)の粥5人分印刷
    材料
    玉黍(ぎょくべい:とうもろこし)
    1本
    よく苡仁(よくいにん:はと麦)
    1/2カップ
    自然米
    1/2カップ
    自然水
    12カップ
    海の母(自然塩)
    小さじ1
    下ごしらえ
    • よく苡仁(よくいにん:はと麦)は前日より水に浸けておく。
    • 自然米は洗って水に30分以上浸けておく。
    調理方法
    1. 玉黍(ぎょくべい:とうもろこし)の実を包丁ではずす。
    2. 鍋によく苡仁(よくいにん:はと麦)と玉黍(ぎょくべい:とうもろこし)とヒゲ根を入れ、自然水12カップを入れて中火にかけ、沸騰したらヒゲ根を取り出し、ヒゲ根のきれいなところは細かく切り、鍋に戻す。
    3. 「2.」に自然米をいれ鍋底をひと混ぜして、ごく弱火にして1時間煮る。
    4. 自然塩で調味する。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    玉黍(ぎょくべい:とうもろこし)
    • 補中健胃
    • 除湿利尿
    よく苡仁(よくいにん:はと麦)
    • 健脾利湿
    • 清熱排膿
  21. 2010年1月12日小松菜の蒸しケーキ 伊予柑ソース添え

    小松菜の蒸しケーキ 伊予柑ソース添え5~6人分印刷
    材料
    小松菜
    3株~5株
    大棗(たいそう:干しなつめ)
    15個
    有精卵
    2個
    ヨーグルト
    30g
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ2
    オリーブ油
    大さじ2
    ホットケーキミックス
    150g
    伊予柑
    2個
    調味料
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ1
    蜂蜜
    大さじ2
    調理方法
    1. 大棗(たいそう:干しなつめ)は、洗って、鍋に入れ、2カップの自然水を加え、沸騰したら中火にし、やわらかくなるまで煮る。余分な水を捨て、蜂蜜を適量加え、蜜煮をつくる。
    2. ボールに有精卵を割りいれ、ほぐし、ヨーグルト、オリーブ油、羅漢果顆粒(らかんか顆粒)を加え、混ぜ合わせておく。
    3. 小松菜は、洗って、水気を充分に拭き取り、「2.」と合わせミキサーにかける。
    4. 「3.」をボールに取り、粉を少しずつ加えていく。
    5. 型に流し入れ、20分位蒸す。
    6. 伊予柑は、果実肉を取り出し、薄皮は千切りし、3回湯通しする。
    7. 皮を鍋に入れ、自然水を少し加え、調味料を入れ、中火で煮て伊予柑を加え、ソースを作る。
    8. ケーキを皿に盛り、中心に「1.」を飾り「7.」を添える。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    大棗(たいそう:干しなつめ)
    • 肝経
    • 補中益気
    • 養血安神
    • 生津解毒
    有精卵
    • 滋養潤燥
    • 養血
  22. 2010年1月5日栗、椎茸、セロリ、鶏肉の粥

    栗、椎茸、セロリ、鶏肉の粥5~6人分印刷
    材料
    100g
    干し椎茸
    15g
    セロリ
    適量
    鶏挽肉
    100g
    枸杞子(くこし:クコの実)
    大さじ3(自然水で戻しておく)
    自然米
    1カップ
    自然水
    12カップ
    海の母(自然塩)
    適量
    調味料
    日本酒
    大さじ1
    醤油
    小さじ1
    下ごしらえ
    • 自然米は洗って、分量の水に浸けておく。
    • 栗は、洗っておく。
    調理方法
    1. 椎茸は、戻し、千切りにする。
    2. 鶏挽肉は、調味料で下味をつける。
    3. 鍋に、下ごしらえした自然米の浸け汁のみを入れ、「1.」の椎茸と、洗った栗を加え、中火にかける。沸騰したら、自然米を加え、ひと混ぜし、ごく弱火にして、40分~1時間くらい煮る。(食材が8分通り煮えた所で、「2.」と枸杞子(くこし:クコの実)を加える。)自然塩で調味する。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    • 微寒
    • 補中益気
    • 和胃益腎
    椎茸
    • 補気益腎
    • 防糖尿
    鶏肉
    • 温中益気
  23. 2009年12月22日あさりとうどの牡蠣油炒め

    あさりとうどの牡蠣油炒め5~6人分印刷
    材料
    あさり
    600g
    うど
    1/2本(2分の1本)
    生姜
    20g(千切り)
    枸杞子(くこし:クコの実)
    小さじ2
    調味料
    日本酒
    大さじ2
    牡蠣油
    大さじ1
    海の母(自然塩)
    小さじ1/4
    蜂蜜
    大さじ1
    オリーブ油
    大さじ2
    調理方法
    1. 枸杞子(くこし:クコの実)はヒタヒタの自然水に浸けておく。
    2. うどは皮をむき、斜め薄切りにし、酢水に浸けてアク抜きをする。
    3. あさりは、砂抜きし、殻合わせで擦り洗う。
    4. フライパンを熱し、オリーブ油を入れ、生姜を炒め、あさりと、うどを加え炒め、あさりの口が開き始めたら、調味料を加え、フタをして、やや弱火で3分間蒸し枸杞子(くこし:クコの実)を浸け汁ごと加える。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    枸杞子(くこし:クコの実)
    • 滋補肝腎
    • 明目
    あさり
    -
    • 降圧止湯
    • 利尿
    • 安神
    • タウリン豊富
    • 解毒作用
    うど
    -
    • 初期の風邪に良い
  24. 2009年12月11日春菊とセロリのレバー和え

    春菊とセロリのレバー和え5~6人分印刷
    材料
    春菊
    一束
    セロリ
    1本
    鶏レバー
    100g
    人参
    1/3本(3分の1本)
    調味料A
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ1杯半
    大さじ1杯半
    醤油
    小さじ2
    胡麻油
    大さじ1
    生姜おろし
    小さじ2
    調味料B
    羅漢果顆粒(らかんか顆粒)
    大さじ1
    みりん
    小さじ2
    醤油
    小さじ2
    調理方法
    1. 鶏レバーは、塩水(3カップ+塩小さじ1/2)に漬けて2時間、血抜きをする。切り開いて、流水でよく洗い、水気を抜き取り細かく切って調味料Aで煮て、すり鉢で潰す。
    2. セロリは、斜め薄切り、人参は、千切りにして、さっと塩で茹でる。春菊も茹で、冷水に取り水気を十分に拭き取り、調味料Bで和えておく。
    3. 「1.」に「2.」を加え、全体を和える。
    主な食材の効能
    名称 五味 四気 帰経 効能
    春菊
    • 温脾養胃
    • 化痰利気
    • 健胃
    • 降圧
    • 安神
    セロリ
    • 散逖€破結
    • 消腫解毒
    • 降圧止眩
    • 浄血
    • 鎮静
    • 健胃
    レバー
    -
    • 補益肝腎
    人参
    • 微涼
    • 清熱解毒
    • 健脾化湿
    • 潤腸通便
このページのTOPへ

Copyright(C)2006-2009 [さ・し・す・せ・そ・本舗] All rights reserved.